Monthly Archives: 10月 2020

コツコツスキンケアを続けている

一日に2リットルの水を飲むと全身の代謝を活発にすると考えられています。お肌のことを考えても、水を飲むことは大切です。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなると思います。

老廃物が分解・代謝されなくなり黄ぐすみの原因になります。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、お顔にシワやほうれい線も目立ってしまいます。

日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。美しい肌に変わることは多くの人の関心の対象ですが、常に進化しているのがその方法です。

近頃は美肌アイテムが数多く発表されており、中でも特にシミ改善に効果のあるサプリメントが注目を集めています。ご飯や休憩のついでにサプリメントを飲むだけで効果が期待できるという簡単さが嬉しいものです。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大切な時間だということをおぼえておきましょう。お風呂やシャワーの後ですとかしっかり洗顔を終えた直後の肌は、水を撒くたらどんどん吸い込んでいく砂漠みたいな状態にあるのです。

この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。

顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、たっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。顔にシミができてくると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。

加齢に伴って、傷の治りも遅くなり、日焼けに対して油断ができなくなりますから、日焼け対策は怠ってはいけません。帽子、または日焼け止めなどで紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、ビタミンCの多い野菜や果物を、意欲的に摂りましょう。しわとりテープって、すごいです。

顔のシワをとる(隠す)ので雰囲気がガラリと変わるんです。テレビ番組の中で某タレントさんがご自身の愛用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。シワがないと表情も明るくなるんですね(芸能人だからもともと綺麗だし)。ただ、あまり長い時間使っているとただでさえシワのある部分の肌は薄いので、幾ら肌に刺激の少ない素材といっても、貼っ立ところが荒れたり赤くなったりするようなトラブルが出ることは、おもったよりあるようです。カラコンなどと同様、しわ取りテープもトラブルが生じない程度に、使用上の注意は守らなければいけませんね。

私は「ここぞ!」という時に試してみたいです。乾燥肌の人はとにかく保湿することが大切です。

乾燥肌の人は保湿を体の外からも内からも忘れないでください。

体の外からというのは、肌に直接水分補給を行って、保湿、保水をするという意味です。顔を洗う際には低刺激のものを使うか、洗顔料なしでぬるま湯によって軽く付着した汚れを落とすように洗顔しましょう。洗顔を済ませたら、すぐに化粧水で肌をケアしてください。いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、お肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大切な役割を果たしてくれます。みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。

紫外線の刺激をうける前にたくさん食べると、柑橘系の果物に特に多くふくまれる一部の成分が光や紫外線を敏感にうけ止めるはたらきをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。きれいなお肌を作るために、みかんは夜食べるのが御勧めです。エステによっては、シミとかソバカスを改善したり、消すフェイシャルコースが見られます。

ファンデーションやコンシーラーで隠そうとしてもきれいに隠すことは難しく、なんとかカバーしようとファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうといったことになってしまいがちです。そういった悩みをエステが解決する手助けをして、コンシーラーいらずのお肌に変われるようになります。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。だいたいその年代というと、妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線がくっきり際立って見えるからではないでしょうか。それはもう明らかにアラサーとはちがう感じで、立とえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、この年齢になるとなかなか回復せず、復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えたりして、そろそろ対策をすべ聴かと思っています。

基本としては朝は時間に余裕がないので、お肌のケアに時間をかけられない人も多数だと思います。

朝における一分はとっても大切ですよね。しかし、朝の肌ケアを手抜きをしてしまうと、一日をとおして元気な肌を保つことができてなくなります。楽しい一日を過ごすためにも、スキンケアは、朝きちんとおこないましょう。