Monthly Archives: 10月 2019

きっちりとしたスキンケア

有名なエステのコースには、シミやソバカスを目立たなくする、またはなくしてしまうコースが設定されているところもあります。ファンデーション(肌に塗る化粧品の一種です)やコンシーラーで隠そうとしても手間をかけてもなかなかきれいに隠れず、完全にカバーしようとして結果としてとってもの厚塗りになってしまったそんな話もよく聞きます。

エステはそのような方の助けになって、コンシーラーいらずのお肌に変われるようになります。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。

以前、雑誌で話題になっていたファスティングに、ついにチャレンジしてみました。その結果、オナカ周りが随分スッキリしました。そんなに急なダイエットではないし、運動して睡眠もとっていたのに、なんだか肌にハリがなく、シワが目立つような気もします。きちんとメソッドに沿ったダイエットのつもりでしたが、時期的にダイエットと無関係とも言えませんから、当面はお肌のケアのほうを優先しようと思います。

しっかりメイクするのも良いが最終的に大事なのはそもそもが美しい肌だと考えます。

いつものようにきっちりとしたスキンケアを行い、肌本来のポテンシャルを引き出し、いつか生まれたままの素顔でも人前に出られるほどの自信を持つことを望みます。
デュオ ザ リペアショット

アンチエイジングというのは加齢と戦う抗加齢という意味で、若返りと勘ちがいしてしまいそうですが、単なる若返りとは異なり年齢の進行をできるだけ抑え、実際の歳より綺麗に見せるといった考え方の方が適切な考えだと言われています。アンチエイジングというものは現在、基礎化粧品だけではなく、サプリメントおよびホルモン治療の分野にも進歩しているでしょうアンチエイジングのためには自分にぴったりの基礎化粧水を選択すべきだと考えます。自分だけでは決めかねる場合は、店内の美容担当者にアドバイスをもとめるのもいい方法だと思います。

実際、自分だけだとあまりわからない時にはちょくちょく活用しています。シワを防止するためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングすることをしてください。

クレンジングを怠ってしまうと、お肌にダメージが残ってしまい、シワが発生しやすくなります。さらに、洗顔をおこなう際には、洗顔料をちゃんと泡たてて、優しく洗顔をすることをしてください。

乱暴な洗顔や、肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)を起こしたりといったことが、シワの発生に繋がってしまいます。シミ、そばかすなどの肌の老化トラブルを出来るだけ薄くしたいと思い、特にビタミンC誘導体が配合された美容液を使うようにしています。いつもの洗顔をしてから、美容液を清潔な指先にちょっとだけ広げて、気になる部分に、トントンとなじませていきます。使い続けて約一ヶ月くらいで、コンプレックスだったシミが少し薄くなってきたのが分かって、とても嬉しいです。

僅かでも若々しくいたいと思うのは女性であれば程度同意して頂けることだと思います。実年齢より低く、とまでは言いませんが、思っ立とおりエイジングケアは心にとめていたいものです。

昔からよく使われてきた馬油は保湿・菌を殺す力に優れ、血の流れを増進する効果もあり、シミ、シワを消す効能が期待できると考えられるそうです。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に見え初め、見るたびに増加傾向にあるような気がします。何故こんなことになってしまったのか?理由はひとつしかないのです。

日焼けによる紫外線のダメージです。

幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と供に近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりと遊ばせました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。

表皮は薄い層の重なりで、傷ついたり摩擦を受けることで、その薄い層が削られていく所以です。皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージを受けることが多くなってしまいます。そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。